スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若草の宴 市松石鹸

ichimatu.jpg

市松石けん 緑はクロレラ、白は日本酒です。
クロレラは錠剤しかもってなくて、ミルで粉砕してウルトラで抽出、その後電子レンジで水分をすっかり飛ばしました。
水分をお米のとぎ汁で(今時めずらしい軽洗米ではないのでたっぷりとぬかが入ります)と言うのも、クロレラだけだど透明感のある緑になるので少し乳白色の緑色を狙って、それと白い部分を日本酒なので、米つながりでしっくりくるかもと、思いました。
白は、水分を全て日本酒に置き換えました。もっと真っ白になるのかと思いましたが全て日本酒にしたらこうなるのかも?
日本酒はアルコールをすっかり飛ばし、フリーザーでシャーベット状直前まで冷やしてからアルカリを投入しています。この時点で強烈なオレンジ色ですこの色が後々まで残ったのでしょう。
乾燥が進むと、少し白っぽくなるかも。

作り方は、先ず緑を作り、半分に切って、緑の一つを型に戻し横にゆっくりと白をいれました。少し固めのトレースにして、白の上にやさしく緑を置き、横に白を流し込みました。
沈み込ま無い様に固めのトレースが肝心です。

今回、ハードオイルを少なくしましたので、かなり柔らかく翌日の型だし無理やりです。
私は、自作のアクリルケースで作っていますが、アクリルが新品の内はすんなり型だしできましたが、繰り返し使ううちに頑固者になりました。冷凍をしたくないので、内側に植物性グリセリンやワセリンを薄く塗っています。これでどんな頑固者もするりと出てきます。
でも念のため、底無しのアクリルケースです。底は取り外し出来る様に作りました。
オイルは、両方同じ配合にしています。2種類の石けんを仕込む場合同じほうが出来上がりが歪にならず綺麗に出来上がると思います。

緑はアルカリに負けずきれいですが、他に綺麗な色を残してくれる素材を模索中ですが、なかなか出会えません。レッドパプリカで次回は挑戦です。カプサイシンの赤唐辛子が身体に良いでしょ。
石けんに入れたらどうかしら?目に入ったら、飛び上がる痛さになるかなぁー。アルカリに負けてやわらぐかしら?

レシピ 300gバッチを2つ
オリーブオイル  100
米ぬか      30
アボカド     50
ココナッツ    30
パーム      20
パーム核     20
マカダミアナッツ 50

特性 
肌浸性 7.5 洗浄力 8.1 起泡力 6.6 硬さ 6.0 崩れ難さ 5.8 安定性 6.1

緑EO ラベンダー、クラリセージ、ジョニパーベリー、ローズウッド
白は日本酒のため無し。
日本酒の香りが飛んで、すっきりとした香りです。
スポンサーサイト
     

コメント

米ぬか、そうやって入れるんですね~

米ぬか、そうやって使う方法があるんですね~
米を洗って、そのとぎ汁を使うってアイデアがスゴイです。
ぺんぺんは、まだお酒を使った石けんを使ったこと無いですが、どんな感じなのでしょうね?本には、大抵、アルコール分を飛ばすと書いてありますが、残ってたら、どうなんでしょうかね?ぺんぺんも作ってみようかな~

クロレラ、錠剤を粉末にしたんですね。うちも貧乏なので、ダンナが飲むサプリメントを粉末にして使ってたりします・・・。

そう、それと、恐れ多いのですが、石けん交換しませんか?お家も、ご近所さんだし、なんか近親感があったりして。ず~ず~しくてすみません。ご迷惑だったら、いいです。お願いします。

では、またお邪魔させていただきますね♪

ぜんぜんすうすうしくないですよぉー。

ぜひ致しましょう。

メールありがとうございました♪

さっそくメール返信させて頂きましたよ~♪
これから、楽しみですね!
Secret

     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。