スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シャスタ山 キャンプ 四日目

20060630043559.jpgご飯が不味いのは誰のせい? 6-22-05


本当はもう一日宿泊を希望していましたが、キャンプ場からマウント・シャスタが拝めない寂しさと蚊、それと食糧事情が悪く(ご飯が今回は上手く炊けない)私は無洗米のせいで水加減を失敗、夫は、ご飯を炊く事に薀蓄を述べるが私は納得はしていない。いずれにせよ三日間失敗。そして米も無くなり、帰ろうって事になった。
帰るに当たって、来年はシャスタが見える場所でキャンプをとキャンプ場めぐりをしながら帰ろうって事になりますが、又もや道は大きくそれてバーニーフォールズ Burney Falls を見学しながら帰る事にしました。
今までの中で私は此処が一番好きです。ネイティブ・アメリカンにとってビジョンと瞑想の場所らしいのですが、時は夏休み、老若男女が訪れそんな気分になる余地も無しと言った所でした。
30分で滝の周りを一周するトレイルがありとても気持ちが良かったです。
水量がすごくて水が固まって滝壺に落ちる様を見ていると私はここでも何故か怖くなるのです。
大自然の威力を目の当たりにすると恐怖を感じるのはなぜかしら?
今回、二日目のバニーフラットとこのバーニーフォールズで私は頭痛がしました。 シャスタに呼ばれていないのかしらと思ったり、シャスタが夫婦和合の山と呼ばれていて、今回夫が何時もは面倒がる所にも素直に連れて行ってくれ嬉しかった。特別なセッションを受けたりしなくても山でパワーを感じる事は出来ました。
そして自宅に戻ってから、ジャパニーズレストランで、シャスタからの帰りなのと言ったら、少し話した事のあるお客さんで彼女も「先週行ったばかりなのよ。今シャスタに行く人が増えているのかしら」と、レストランのオーナーは、「シャスタの話がよくこの頃出ますなぁー、今帰って来られたばかりですかぁー」とちょっと驚いていた。
来年はもう少し計画を練って、キャンプ場の本も買い換えて(1997年版使用)もう一度入りたいと思います。

キャンプ出発の日程を一日間違えて食料調達が出来ないまま出発、ま何とかなるさ、がそうでもなかった。やはりここは田舎、スーパーの野菜事情は悪かった。私は餓鬼でも付いているのか食事異常に拘る、贅沢な物を食べたいではなく、美味しくないと不機嫌なのだ、それだから中途半端なレストランより自炊が好き。


20060630025357.jpg帰る準備をしだすとなぜか何時も犬が先に車に乗る。
あんたたち邪魔なんだけど……。

スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。