スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライムローストビーフ

niku-1.jpg

年に一度は大好きなプライムリブを焼きます。
骨付きの塊肉を買ってきて、4時間かけてゆっくりとロースト、
お店で食べるより美味しいと思います。
肉は、5時間以上室内で、中心温度と表面温度を同じにします。
エイジングと言って肉はさばいてから少し時間が経つほうが美味しいので約1?2日前に買いますし、その時店の人に何時がベストかを聞きます。逆にこの日に食べたいのでと言って買うのも良いと思います。
肉に塩、胡椒、オールスパイスをすり込みます。たくさんすり込むと後でソースが使えないので加減しないとね。
肉の所々に包丁の先で穴をあけ、そのにニンニクを差込みます。

刷毛でオイル(オリーブ)と醤油を塗り、350度(180度)のオーブンの下段で、じっくりとローストします。中心に温度計を差込み
中の温度が135度(60度)になれば出来上がり、ミディアムレアになっています。1時間に一度オイルを醤油を塗るとぱさぱさしなくて美味しいです。
鉄板(少し深い)に網を敷いて焼くのが良いでしょう。
最後に鉄板のオイルを全て捨てて、残った焼きこげだけを残し。その中に水を足し、ブイヨンをいれ、ワインを足してソースを作ります。
少し煮詰めて味を調えます。多分、醤油味の利いた美味しいソースになってるハズです。

出来上がりましたら、ホイルをして、最低30分は寝かせましょう。
すぐに切り分けると、肉汁が全部出てしまいます。
寝かし過ぎると、肉がドンドンレアからウレルダンになってしまいます。

niku-2.jpg

niku-3.jpg

付け合せはやはり、マッシュポテトは欠かせない。それ以外は季節のお野菜で。
さあ、召し上がれ。
スポンサーサイト

テーマ「秋」石鹸

yama.jpg

石鹸コミュ、実は私が言い出しっぺです。
そして、色々考えて、試行してみました。
考えると、大仰な物を考えて、途中で断念。

やっと、これなら簡単かもと思える物が出来上がりました。
とは言え、構想が具体化しただけで、まだ形にはなってない。
この三角を山と見立て、上から順に色を流して、紅葉に染まる山を目指しています。 はてさて、いかなる次第になることやら、、、、

ま、私の事だから、60%できれば完成としようと思っています。
三角を作る人は先ず居ないだろう、それが狙いです。

郷の秋 石鹸

20070919092238.jpg

郷の秋の唱歌をイメージすると、こんな石鹸になりました。
友人から珍しい「白ぬか」を頂きました。日本に帰るお友達に「さらしあん」を頼みました。この二つを使って、、、そうだ「黄な粉」も使って、黒砂糖も使って、、、、、どんな感じが良いかしら?
アースカラーだね。しっとり、ほっこりが良いなぁー。
20070919092203.jpg


中々お気に入りです。ジェル化してしまいました。すごく気をつけていたのですが、砂糖や粉ものは温度が上がりますね。
リベンジしたいが、白ぬかがないので、日本酒でやってみようか、それとも酒かすにしようかなぁー。みりんってどうなんだろう?

使用オイル
オリーブ、パーム、ココナッツ、アボカド、ローズヒップ、アプリコット、アーモンド、マカデミアナッツ、
バター類
アボカド、シアオイル、ホホバ
オプション、
白ぬか、小豆、黄な粉、黒砂糖
香りには 和風なムスクにしてみました。微香

マイカ 実験 石鹸に使用

maika.jpg

マイカで実験。
色々な色を取り寄せた。サンプルが大さじ2杯ほど入って$1.50
全てコスメテックグレード、もしくは、石鹸にOKの表示。
なんと言うか、、、、面白い。
実験でわかった事は、
マイカ、溶け難いし、石鹸の種に入れてもなかなか混ざってくれない。
オレンジは マイカではなく、パプリカです。
我が家のレッドパプリカ、粒が粗いのをそのまま使ったら、粒が残ったのよね。乳鉢でスリスリしなくてはなりませんね。

ちょっとしたお遊びです。偶にはこんな石鹸も面白い。

備長炭と熊笹マーブル石鹸

cut.jpg

uki☆uki☆せっけんライフ
ここで、最高のバランスソープなる物を紹介している。
大量のラードを使用する。
彼が書いたのは、確か2003年です。それ以来別に作り方の更新はされていない。以前作ってみて、なるほどと納得。
ラードが悪者扱いされる風潮で、植物オイルのみ手作り石鹸には良いと信奉されている方には、引かれるかもしれない。
元々、市販の石鹸は牛脂で作られている。
そんな時、スイーツの石鹸の本をてにした。
やっぱり、ラード、カリスマTAOさんもラード、
って事で、今回ラードを入れた石鹸をつくりました。
わぁー。ひさしぶりに型だし楽ぅーーーー。気持ちよい。

って、私、アクリルなので、とっても楽、それも、厚さ1センチのアクリル、簡単にいつも出てくれます。

20070917090244.jpg

残った種にピンクカオリンヨーグルトが少し残っていたので、コチラモ混ぜてみました。300gしか入らない小さな容器なのと、最後にボールに残ったのを全部落とし込んだので、中心に炭が重なりました。
この時点で、トレースはすっかり硬くなっていて、無理やり流し込んだかたちです。

使用オイル
オリーブ、ラード、パーム核、キャスター、マカデミアナッツ、アボカド、キャノーラ
バター
シアオイル、アボカド、マンゴー、
北海道大雪熊笹、紀州備長炭、
香りは、ムスク

マーブルを極めてみたい。一度で良いから満足なマーブル作ってみたい。精進あるのみ? 技、コツ、秘伝があれば教えて頂きたい。

カモミール石けん

20070916091856.jpg

カモミールの花とパウダーをウルトラで、、
以前、パウダーをそのまま投入したら、綺麗とは言いがたい色。
それはそれで、何だか効きそうな気もしますが、綺麗を目指してみました。多分時間と共に消え去る気がしますので、少しだけクロムで色付けしました。
○の周り、くっきりと境目が出るのはなぜなのかしら? オイルの成分の違いでしょうか? ○はマルセイユで作りました。

優しい雰囲気に仕上がりました。 でも私の石けん、緑が多い!

オイルは
オリーブ、パーム、ココナッツ、小麦胚芽、アプリコット、アボカド
バター類は
ホホバ、シアオイル、アボカドバター
香りは
ローズマリー、ジュニパーベリー、ラベンダー 微香にしてみました。

アロエ石鹸

20070916090937.jpg

自宅のアロエベラをしよう。
アロエのピンクを想像すると誰もが バラやハートになるのはごく普通。友達のブログやMIXIでも紹介されています。

私は急にイベントに参加する事になり、今までのんびり可笑しな石鹸を作っていましたが、急ピッチで作らなければなりません。

アロエ、変化激しいですね。一日目と三日目じゃ色がドンドン変わります。ピンクが濃くなりますね。二つとも同じ材料ですが、
ハートは塩を入れてみました。 潮吹きハートです。丁寧に混ぜても塩って吹き出るのですかね。 

オイルは オリーブ、パーム、ココナッツ、ローズヒップ、アボカド、アプリコット、小麦胚芽、
バター類は、ホホバ、マンゴー、シアオイル、ココア
香りはやっぱりローズです。

秋のイメージ石鹸

20070912095958.jpg

仲間が20人集まって、テーマ「秋」のイメージで石鹸を作ろうって事になった。
秋ねぇー。食べ物しか思い浮かばない。
おなぎ、、、、緑は、ヨモギ、茶色はこしあん、 白玉、餅は無理なので普通にマルセイユで、、、、

秋を感じますかね。 外郎なら感じますが。
いや、食べそうになるよ。

自分の中ではなかなかヒットです。

まゆちんさんからプレゼント

mayuchin-2.jpg

mixiのお友達からサプライズが届きました。
固形石鹸とリキッド、それと、可愛いポンプやオヤツ(早速完食)
ホントはね、イチゴパウダー使ってみませんかってご連絡頂きまして、我が家にはストロベリーシードはあるのだけど、パウダーは持ち合わせてなかったので、是非にってお願いしたら、その他の方がおおいじゃなですかぁー。驚きました。送料が、、、、申し訳ないです。
びっくりです。
リキッド、あれ? 私の作るのとちょっと様子が違います。
すごく固いです。それに透明です。違いはやはりアルコールでしょうか?
mayuchin-3.jpg

このカエルのポンプ、どうよ。日本ってかわいいのが一杯あるのよね。
アメリカって、それなりにかっこよいのはあるけれど、可愛いは苦手かもしれない。 中国や韓国も可愛いのはあるが、ちょっと違う!
やはり日本人の感性なのね。

ありがとう。早速、イチゴパウダーとシードを使って
コラボ石鹸仕込みましょう。 どんなのがいいかなぁー。
ウキウキします。 ありがとうございました

緑茶コンフェ石鹸

20070909094555.jpg

緑茶の石鹸はやはり日本人には好まれます。それと綺麗な石鹸が欲しいとも言われたり、あまり緑茶でコンフェティはされないみたいですが、試してみよう。と思い立ちました。

緑茶、ウルトラ抽出(U.I.F.)です。緑茶30gも入っています。
半年位経っていますが緑茶の香りがありましたが、石鹸にするとやはり退散しました。今回はコンフェに色々なオイルが入っているのと香りもつけてあるので無香料にしました。
マルセイユベースで、アボカドバターとシアオイルのみ追加。

普通にかっとするよりも、チーズカッターの方が柄がはっきりと出ています。普通にカットしたのは、何やらピンボケ見たいな感じです。
チーズカッターにそんな効果があるのですね。でもまっすぐにきれません。コンフェが邪魔をします。
20070909094613.jpg

黄昏色の石鹸

tasogare-1.jpg

黄昏時に染まる夕焼け、あと一瞬で暗闇が蔽うその時の空の色、
とても前奏的で好き。
黄昏時が好きな人は心が不安定だとか、そうかなぁー?私かなり解りやすい凡人だけど・・・。


今回は少し小さな石鹸を仕込みました。100均で買った木型を使用。
300gバッチが丁度なの。いつもは小さな石鹸は作らないし、カットも薄いのが好きではない。でも、マーブル模様は色々な面を見てみたい。
先日ブログ仲間のYukaちゃんがマーブル模様をつかれていました。
彼女はマーブルがとってもお上手です。
20070904045155.jpg

これを6つ同じ大きさにカットしましょう。
cut-ruler.jpg

ワードで罫線を描いて大きさの違うガイドを作っています。
紙を適当な位置で折ってみて、紙を少し移動させ、石鹸の端から端まで当てはまるように置き、印をつけます。
kiriwake.jpg

夫が作ったカット台とカッターです。カッターは夫の商売道具のギターの弦。かなり丈夫で使いやすいです。
cutter.jpg

どうですか、きっちり同じ大きさに切れてないでしょ。なんでや!
目が悪い事にしておこう。これが私です。 きっと線が太すぎたのかな?
gatagata.jpg


石鹸実は5色です。青、紫、赤紫、オレンジ、赤に近いオレンジ、
写真では判断つきませんが、実物は綺麗に出ています。
しかし、パステルが好きな日本人向けではないよね。偶にはこんな色合いも面白いかった。
マーブルってワクワク、ドキドキしますね。

Day & Night クリーム 

gutugutu.jpg

デイタイムとナイトタイム 

保湿のクリーム作ったよ。
デイタイムはUV効果を狙ってね。あのロースマリーのオリーブを入れたら綺麗な緑です。
オイルの配合は、オリーブ、アプリコット、シアオイル、
マカデミアバター、ローズウォーター、乳化剤、EOラベンダー ローズマリー
UVって、チタンや亜鉛を入れるだけなんですよね。
このクリームに水を足すと、乳液になる。
乳液と、クリームの違いは水分だけなの?

ナイトクリームは、バターを多くしてみました。
ちょっと珍しい、マンゴーオイルを使用、このオイルは固体です。
シアオイルこれはシアバターと同じ成分ですが、液体です。
このオレンジの色はコエンザイムのカプセルを搾り出したからです。

使用オイル、
シアオイル、アプリコット、マンゴーオイル、マカデミアバター、アボカドバター、ローズヒップ、ローズウォーター、Q10、ビタミンEオイル、乳化剤、REO
EO イランイラン、ラベンダー、ゼラニウム

出来上がって固まったオイルをもう一度コネコネしてみました。
ホイップクリームみたいにふんわりとして、それなのに容器にはもっと入るので
4つの容器分が3つになりました。バターをホイップしている感じです。
冷えるときっちり固まるでしょう。
20070903033602.jpg


ちょっとリッチ過ぎました。米粒位の量をお顔全体でOKみたいです。
でもね、この歳になると、朝起きると油分はすっかり吸収されている。
若い頃は付け過ぎると翌日ベトベトだったけど、最近はもっちり肌でお寝覚めよ。

北カリフォルニアの有難い所は、先週日中が40℃を越す猛暑だったんですが、
夜は寒く窓を開けて寝るとちょっと寒いので、睡眠不足にならないのが嬉しいです。 

リキッドシャンプー 石鹸

20070902091051.jpg

リキッドのシャンプーを5月に作った。当初使い心地はやはり固形のシャンプーバーの方が勝ると思っていた。
今まで使わずにいた。 一週間前になんとなく勿体無いしと思い使ってみた。 すごく良い。コンディショナー(日本で言うとリンス)など要らない。サラフワの髪になる。 そうかー熟成が必要なんだ!と思った。 それで、冬に向けてしっとりを目指して、オイルを選んでみた。
何が良いのか、手探りです。
日本のレシピを見ても、あまり参考にならない。こちらは乾燥が激しいから。

リキッドにはオリーブを使わないのはどうしてなのか、何処にも書いてない。石鹸を科学的に分析なんて出来ないし、教えられてもきっと??の状態だしね。
でも、我が家には大量のローズマリーのウルトラIFのオイルがあるからね。これを使うと腐敗も防げるし。。。
なので、こんな緑色のリキッドが完成です。
私とろみなどつけないです。液を毛染めする容器にいれるので細い管から出したいので、サラサラの液の方が好きです。
以前、色々とろみをつけてなんだかなぁー。って思ったし。。。

レシピは
オリーブ ローズマリー(UIF)100g 25 %
ココナッツ           150g 37.5%
アボカド             50g 12.5%
ホホバオイル           20g  5 %
アーモンド            80g 20 %

苛性カリ   76g
水分    229g
アルコール 120g

ディスカウント  10%
アルカリ純度  100%

400--700.jpg

400gバッチで作ったら、700gの出来上がりかぁー ふーーん。
約倍なんだぁー。。。

じっくり寝かせて使ってみよう。楽しみだわ。

バラ石鹸、残り物利用

rose.jpg

mixiでバラの石鹸が紹介された。ご本人にお尋ねするととても詳しく書いて下さった。それでは早速試してみました。

団子腹(バラ)やん。汚なぁー。きっちり説明してくださっているのになぜか適当に読み、自分なりに工夫をする、変な癖!
でも、何個か作っている間に、コツみたいなものが、、、
お、目の前が明るくなった。 でもまだまだです。
練習が必要ですね。

これは、端切れなどを再生できるので、練習材料はいくらでもあるのが嬉しい。 バラ以外も出来るかも知れない。それに素手で出来るので作り易いですよ。

うれしいなぁー。

ご本人のブログは、こちらです。とても詳しく書かれています。
http://kajittemade.blog99.fc2.com/blog-entry-71.html
     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。