スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リキッドシャンプー 石けんを初トライ

eki-3.jpg

ローズマリーリキッド
液体石けん少しハードルが高いんですが、構想に二ヶ月(長い)やっと思い切って作ってみました。
今回は友人との共同作業。一緒に作るって楽しいし、お互いの様子を見ながら進められて不安が半減される。
なかなか綺麗な緑に仕上がりました。使い心地を書きたいのですが、私超ショートへアーなのでね。サラサラにはなったし、きしまないし、でもね、ロングじゃないから、髪の毛がどうのこうのって、書けないよぉー。

eki-2.jpg

さて、今回はオイルに拘っています。緑はローズマリーをチンキで出したオリーブオイル、チェリーカーネル、アプリコットカーネル、ココナッツを使用しました。
オイルを溶かした時点では、黄色でもきっと緑になると信じていました。うぅ、ボロボロと沈殿。でも沈殿するって書いてあったのであまり心配はない。そこへアルコールを投入、泡立たない。
そんな時はアルコール不足って書いてあるので、そうかしらと、またもやドバドバと追加、一緒に作っていたくろちゃん、それは奥さん入れすぎでしょ。って突っ込まれた、そうよ、こんな時何時もなぜか入れすぎる。
eki-2.jpg

そして待つこと5分、一向にクリーム状にならない、鍋は泡がふつふつとしている。何時まで待つのかしら? と、スパティラを突っ込んでみると、突然反応が始まったよ。驚いた、写真写真と言ってる間に終わったよ。早! で、緑の素地が出来上がった。
なんとなく学習、アルコールのフツフツが収まるのを待ってからかき混ぜるのが良いのかも。
アルコールを入れるとアルコール臭というので、少し取って電子レンジで1分、くろちゃん、そこまでしなくてもと言う。そうだよね。
でも私、アルコール後で100cc以上追加したような、。この性格が我ながら○△■、自分の行動に不安です。
そう、子供の頃から私と登山をするのが家族は不安なんだ、山のてっぺんから飛びそうな気がするって父と兄が言う。そう、昔ね幼稚園の頃、そこは飛び越せないだろうと言う堀を跳び越して、ずぶ濡れになりその日は家族で着飾ってお正月の初詣、私一人ずぶ濡れで父のコートに包まれてその日のスケジュールそこで全てキャンセル、姉たちは楽しみにしていた心斎橋の高級中華料理、その後何年言われ続けた事か、

なにはともあれ、出来た事に感激です。一番最初ネットだけを頼りに廃油石けんが出来た時の感激が蘇った。
私のそぼくな質問に答えてくださった。おさるのゆきみちさん感謝です。
友人たちに押し付けてモニターになってもらおう。
スポンサーサイト

色・色々石けん

niji.jpg

派手な石けんが出来上がりました。ちな♪
我が家にある色から8色選んでみました。
オイルにもこだわって石けん仕込みました。
下から順に
モンモリナイトグリーン、ウルトラマリーンピンク、ウルトラマリーンパープル、クロレラ、アナート、ウルトラマリーンブルー、ピンクカオリン、熊笹(北海道)もっと沢山入れてみたかったけれど、これ以上は容器が足りません。
少し説明のいる色は アナートかな。
説明は赤でした。何処が? チンキにした時濃いオレンジでした。粒が少し混じっていますが、その部分は真っ赤ですが、、、、
なんでも、チェダーチーズはこのアナートシードで色を着けているそうです。クロレラも錠剤を使っているので、粒粒が緑になっています。

真直ぐにしたかった。。。。。出来ない。
同じ生地を使ったので、時間差攻撃が出来なくて次々に型に流し込んだのでね。ここで大雑把な性格が出てしまって、詰が甘い!。
同じ生地だと段差も違和感もなくスムーズなのは確かだし、使っていて境目から割れる事もないですがね。

同じ分量だと思っていたのに随分と違うじゃない。。きっちり計らないといけないね。

しかし、なんたる派手さ。香港のネオンかはたまた大阪のおばちゃん。
そう、私は大阪のおばちゃんです。

ピンクカオリン、モンモリナイトグリーン、これらは作られた色だそうで、お店で調合されるとか、なので店によっても色が違うらしいですね。もっとかわいいパステル調が欲しい。

今回は、EOどうしようかと思いましたが、色が多くて決めかねてローズのFOを使いました。これ気に入ってます。すごく良い香りが持続します。ローズ2


使用オイル
オリーブオイル(ローズマリーインフューズド)、アボカド、スイートアーモンド、チェリーカーネル、ココナッツ、米ぬか、パーム、パーム核、マカデミアンナッツ
OP
ココアバター
FO
ローズ
niji-2.jpg

カレンデュラ・マンゴープリン

karencut.jpg

ご近所で採取したカレンちゃん。しっかり乾燥させて仕込みました。
先ず、ビンにカレンの花びらだけを入れ無水アルコールをひたひたに。
ビンを良く振って色を出しました。
その後、ビンの蓋を開けて、すっかり乾燥させその中にオリーブオイルを入れました。オイルの色が綺麗なオレンジ色です。
calen-1.jpg

さて、やっと時間が出来たので仕込みましょう。
オイルの色は綺麗なオレンジですが、どれ位石けんになったらのこるのでしょう。ちょっと不安なので、真ん中にレッドパームオイルでアクセントを付けてみましょう。 構想は良いのですが、この斑な模様は、、、細い線を描く予定、ま、そんな芸当は私に無理、百も承知。
でも、自然の造詣は綺麗だ、とポジティブに考えよう。。。

おぉ、色残りました。マンゴープリン色です。綺麗な色です。
今回、ちょっとおっかなびっくりで、500gバッチです。7つにカットしたので、太さがありこんな大きさも面白いと思った。
カレンの花びらを入れようかとも思ったのですが、次回は挑戦してみようかな。迷うなぁー。

使用オイル
オリーブ。アプリコット、ココナッツ、小麦胚芽、パーム、米ぬか、ローズヒップ、
OP
ココアバター、シアバター、ホホバ
EO
ジュニパーベリー、ローズマリー、レモングラス

さて、もっと沢山の花びらを使い、オイルを少なくすると濃い色が出るのだろうか? 次回はそうしてみよう。まだまだ咲き続けていますので又取りにいこう、っと。

くまのモールド 

kuma3.jpg

ベアー石けん
クマ好きの友人の為に作ってみました。可愛いモールドで作ってみたくてクマ好きの智ちゃんに試作件プレゼントです。
きっと彼女使わずに大事に仕舞い込むか飾るだろう、そして酸化かもと言う不安の無きにしも非ずですが、、、

解禁を向かえる頃の気候を思い浮かべながらレシピを考えるのですが、17年もカリフォルニアで暮らしていると、日本の気候はどうだったのかしら?と、こちらは夏でも朝夕は寒く、日中は暑いですが日陰に入ると乾燥しているのでとても心地よいです。解禁を迎える頃は日本は梅雨まっさかりでね。石けんを作り始めてまだ一年が経ってないのでピンと来ません。バター類を入れると駄目なのかもって思ってみたり、
彼女を思うと、乾燥肌だし、でも誰かの為に色々思いながら作るのって楽しいね。良い思いでだけが湧き出て懐かしく数日を過ごしています。

使用オイルは
オリーブ ヨモギ、ローズマリー、インフューズド
ココナッツ、アプリコット、小麦胚芽、パーム、ローズヒップ、アボカド
OP シアバター。ホホバオイル、
クロレラで色を足しました。ブツブツがそれです。
香りは、muskでほんのりと、、、
クマが好きな割には、甘い香りが苦手な人です。ピンクも嫌いな人
そう、何時も紺かブラックの服を着ていたね。

400gで試しに作ってみました。モールドは少ししか入りませんでしたので残りをシリコンのマフィンの型にいれてみました。
綺麗に取り出せて、ウキウキです。

ブラックペイントを超えたか?

black.jpg

友人がブラックペイントと言う石鹸を送ってきた。
それを真似て作ってみました。解禁には少し早いのですが試してみます。
製作過程はココに書きました。

真っ黒な泡が出るのかと思いましたが、意外にもグレーの泡です。
排水溝ネットを使用していますのでモコモコとあわ立ちは良く、そのままでもあわ立ちは良い方です。安心しました。
そして、香りは何も付けなかったのですが、少し何やら香っています。
一番肝心な使い心地は、当然の事ながら、しっとりです。
もう少し、熟成が進むときっともっと使い心地が良くなる予感です。

ちょっと自慢げに日本の友人に送ろうと思っています。
どんな反応が返ってくるかしら。。楽しみです。

black-2.jpg

     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。