スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラッピング終了 ふぅ??。

gift.jpg

クリスマスギフト用石鹸

友人からクリスマスギフト用にと、石鹸30個の注文が来ました。
ラッピングしてあげるね。オーナメントを付けてリボンで結んでネットの袋に入れて、って気軽に引き受けました。

ネットで袋のミシンがけ、アメリカ人向けには千代紙でラッピング。
小さなオーナメントを一つずつ付けて、とっても可愛い仕上がりました。全部違います。そうそう中身の表示ラベルも付けました。

これだけ纏まると、すごいです。 
性格はとっても大雑把、なのにこんなこまごまの手仕事大好きです。

さて、あと2件の注文と、日本のお友達に送るラッピングそろそろ始めよう。送る人を思い描いて、喜んでくれるかしら、押し付けがましくないかしらと思いつつも、ウキウキ楽しんでいます。
スポンサーサイト

クロレラ石鹸 カット

kurorera=1.jpg

ニキビ肌専用石鹸
カットしました。
レッドパームオイル配合ですが、クロレラの緑がグ?ント前に出ています。
クロレラの錠剤ってものすごく硬いのです。ブラウンのハンドミキサーに付属していたミルで砕きましてそのあと目の細かいストレーナーに通しましたが、ツブツブが残っています。以前は水に溶いたのですがこれも粒は残りました。
一粒500mgの粒を20個も入れました。大量過ぎますよね。
私って、頃加減が解らない、ドバッと入れるのが好きなんです。
スクラブを狙って、小豆もグリーンモンモリナイトも。
入れすぎだよね。その割には香りを用意していていたのに入れ忘れ。
この石鹸の為にワザワザ購入した、
ペパーミント、レモングラス、ローズマリー、のEOが無駄になりました。トホホ。
私自身、なんとミントアレルギーなのでこの瓶キット開けることは無いかも知れない。

クリスマスの間に合わせて使って頂く為に、ジェル化させ、ステアリン酸も入れました。700gバッチで作ったので、大きな石鹸になりました。

喜んで頂ける事を願って。

ニキビ肌専用石鹸

IMGP0946.jpg

青春のシンボル
友人から、息子さん専用の石鹸をと依頼がありました。
ニキビで悩んでいると。何かよい石鹸はないかしらって。
何が効くのやら、特効薬などないと思う、人それぞれ症状も違うし、絶対に効くって物があるのかしら?

色々考えた結果、クロレラと小豆とグリーンモンモリナイトを配合してケインズさんのさっぱりタイプのレシピで作ってみました。
レッドパームを使いますが、オリーブは使わない。

色はクロレラを20粒も入れたので目にも鮮やかなグリーンです。
小豆の色など飛んでしまっています。
レシピが700gバッチなので、容器がぎりぎりです。
ジェル化させています。

高校生の男子、洗顔をまめにしてというのは無理かも知れないですが、
綺麗な石鹸だったら、洗顔が楽しくなるかなーと期待しています。


ワークショップ 2度目

今回は中学1年生が2名参加です。
日本の年齢だと小学6年生です。

持参する道具の詳細を写真つきでメールして細かく説明しましたが、
どこでどう勘違いが発生するのか、色々と足りない。
今後の為に、どの様に書けば理解されるのか不安になる。一人は手ぶらでした。 前回もそうだった。 箇条書きにして、次にそれらの道具について詳しく説明している。 ふーーん。人って、はしょって読むのだろうか?

ともかく、始まりました。子供達
オプションの時、一人はしぶいね、ヨモギを選びました。
一人はウルトラマリンのブルー、好きな色になるまで少しずつ入れてねって。監視の目が行き届かない、青を通り越してロイヤルブルーです。
そして子供達が選んだ香りは、パイナップル、すごい香り、イエイエ匂いです。
後は、ピンククレイ、グリーンクレイです。やはり大人は賢明ですね。

小学6年でも落ち着きのある子なら、時間は係り大人の手助けが必要ですが、とっても楽しんで作っていました。又やろうね、って意欲満々です。かわいいね。

サンクスギビング、ターキー

来週一週間はサンクスギビングホリデーで学校はお休み。
私の仕事もお休み。これだから学校の仕事はおいしいのすよ。
休みが一杯です。
さて毎年、小学2年生の課題でターキーを焼く、と言っても父兄が焼きます。その過程をお勉強、そしてターキーの中身やアップルソースや手作りバターを経験します。なので今日は下準備で色々生徒がきり刻んでいます。父兄は20人ほどお手伝いです。2年生は3クラス、一クラス20人です。
父兄はその材料を持ち帰り自宅でターキーを焼き、パンプキンパイ、アップルソース、クランベリーソース、マッシュポテト、など全て手作りです。
とっても美味しいんです。アメリカの家庭料理、最高です。
明日は2年生全体と職員にもおすそ分けがあります。
毎年とっても楽しみ。明日は忘れずカメラを持って行こう。

夫の分も頂いて、これで我が家のターキーディナーはおしまい。

オレンジなローズ

rose-deta.jpg

キャッロトローズ石鹸
シリコンモールドを使ってローズ石鹸を作りました。
にんじんを一本使ってオレンジ色を出しました。アメリカのニンジンは日本の人参より色が薄いのでやはり濃い色ではありません。
オイルはuki☆uki☆せっけんライフよりキャロットソープを忠実に再現しました。モールドは大きくて、500gバッチが6つです。rose-molf.jpg

綺麗と言えない画像ですが、モールドから出した後はこんな感じです。

最初の一個は失敗だったんです。上部がモールドにくっ付いてはなれてくれなかったんです。そこでモールドをバスタオルに包み、電気毛布で18時間包んで、上部のオイルをモールドに付かずに石鹸のへ移ってくれ!
とお願いしました。私の思いが通じ冷えるのを待ってはがしてみました。綺麗に取れました。 便秘が解消した気分です。(変な表現)

これも又、色がドンドン抜けるのでしょうね。
私は関西人です。お節料理に使う人参は真っ赤なんですが、あのジュースなら、もっと濃い色になるのかなぁー。でもアメリカでは手に入れへんやんか。 ビーツで作ったらどうかな、誰か試した人いるかしら?

ワークショップ、今後の為に

初めてのワークショップ、やはりシュミレーションは十分していましたが本番を向かえ人数も4人となると、時々混乱が生じます。
そこで今回の反省を踏まえて今後の展開の為にここに記しておこう。

・本日の流れ、手順をその都度説明するより大まかに書く必要があると思った。多分2回すればこの式次第は必要なくなるであろう。

・道具に関して、やはり一人一人全てが必要で使いまわしは時間が係る。
・使い捨て容器、オイルや苛性ソーダ、オプションを混ぜたり、ヨーグルトの入れ物など適当に準備はしていたもののやはり人数がいればそれだけ必要になる事がわかった。今後は参加者にもそれを伝え使い捨て容器を集める事に協力して頂こう。
・EOに関しても少し説明する時間を取るべきだった。
・ガスコンロも4人でも冬場なら2台必要、ドンドンオイルの温度が下がる。
・使い捨てのカラトリーの準備も必要

何回か重ねるとインプルーブされてもっと手際よく出来るだろう。
次回が楽しみ。



石鹸ワークショップ カット

shukuko.jpg

カモミール石鹸
SHさんの作品です。カモミールのハーブとEOをいれました。
カモミールの色が出ていて良い感じです。
raori.jpg

ピンクカオリンで色づけです。
KCさんの作品。綺麗なピンクに仕上がりました。硬さも混ぜ具合も良いです。

kaoru.jpg

KFさんの作品です。ウルトラバイオレットで柔らかい色を出し、マーブルに。最初なので恐々マーブルだったので上部だけになりましたね。
次はきっと上手くいくでしょう。何事も経験が大事です。

erika.jpg

ETさんの作品
マリーンファンゴを使ってパイナップルの香り。
中心に輪が出来ています、面白いです。クレイは大さじ一杯でこんな柔らかい色に仕上がります。使い心地が楽しみです。

4つ同じ条件で作りましたが仕上がりが違います。
温度差、オプション、EOなどの違いでしょうか。
ピンクふぁ柔らかく、カモミールも柔らかい。マリーンファンゴはソーダ灰が出ています。ウルトラバイオレットはしっかりとしています。解禁時期にはどれも良い石鹸になることを祈ってそれまではしばしの間お休みして頂きましょう。

石鹸ワークショップ

写真を撮る暇なかったです。

4人の友達に石鹸作りを楽しんで頂きました。
マルセイユ石鹸を基礎に最後にオプションを加えて4種類を製作しました。

一人500gバッチで 250cc入りの牛乳パックを4つに分けそれぞれ、一種類づつお持ち帰り、
一人で4種類の石鹸を楽しめる豪華版のワークショップでした。

オプションには、ホホバとシアバターを追加し
クレイとハーブとEOのオプションは個人の好き好きに任せました。どんな石鹸が出来上がっても、使い心地は良いのでオプションで遊ぶ楽しみを味わってもらいました。

・カモミールハーブ+カモミールEO
・マリーンファンゴに何故かパイナップルのFO
・ピンククレイに数種のEO
・ウルトラバイオレットマーブル+ラベンダーEO

を作りました。私はアドバイスはしましたが、あまり口出をせず皆さんに任せました。それぞれ良い石鹸が出来たと自己満足です。

とっても楽しかったなぁー。

次回は来年と言う事でお別れしました。
月一回実施しようね、なんて…その頃は皆さん個人で作ることが出来るようになると思います。それまで少しお手伝いをしましょう。
ランチに集まっておしゃべりを楽しむではなく、何かを作るってやっぱり楽しいね、誰もが久しぶりに日本語で一杯しゃべりました。

緑茶石鹸・モールドでクリスマスバージョン2

teachristmas.jpg

緑茶石鹸・クリスマスバージョン2
最近かなりこってる、ウルトラ抽出緑茶石鹸、水にはアロエのエキスもたっぷりと入れました。
緑茶石鹸、さっぱりとした洗いあがりなので、ホホバとアロエを入れて仕上げました。
前回の頑固者のモールドをどうにか負かしたいという、ふつふつとした執念から、モールドにホホバオイルを塗りました。
結果、上手く出ました。でもね、アルコールを入れるので激早トレースでどうしても空気が入る。
しかしこの色、なんと言うか凄いいろですが、経験上少し抜けるので使う頃には丁度良い色になってくれるハズです。

ミルキーウエイのモールドは大きなクリスマスツリーです。かなり大きなサイズになりますね。
花型は、マイケルで$3程度のものですが、すんなり出まして問題なしです。
フレックスの小さなツリー型は芸が細かいので、細部に渡って石鹸液が入らないのと、一個しか作れないのでつまらない、そりゃたくさん買えば解決しますがね。グリセリン石鹸向けなのかしらね。

次はお友達に教えてもらった、シリコンのモールドを明日買いに行こう。

手作り石鹸 ゴートミルク

ゴートミルクパウダーと石鹸
友人からメールが来た。最近彼女はジャンバジュースにはまっている。
そこでウオーーカー氏の読み物が目に留まり、
「Pokey,ゴートミルクのRow(生)何処にある」とメールが来た、氏が言うにはゴートミルク確かに身体に良いけれど、それは生のみだと言う。
ホールフーズ(全米展開のオーガニックの店)にあるけれど普通のミルクの倍はするよと答えた。

そうなんだ、あのパウダー効き目がないのか、しゃーないな、ミルク石鹸として使い心地のみ期待しよう。
使い心地なら、生クリームの方が勝っているし色も綺麗
パウダーを入れると、グレーがかってネットリするし、エェーイ飲んじゃえ。今日の朝食のホットケーキに入れちゃえ。
と書きつつ、ホントはショック!

ラムレーズン パウンドケーキ

cake.jpg

パウンドケーキ ラムレーズン入り
今日はパウンドケーキを忠実に焼いてみる。
パウンドケーキ、それは、全てあわせて?パウンドなので、
バター 150g
砂糖  150g
粉   150g  って事で、
卵は  4個入れました。
ソウタシルクというセーキ専用の粉を使います。薄力粉よりもっと軽く作られています。普段はオールパーパスの粉これは日本で言うと中力粉になります。これはお好み焼きにはバッチリですが、ケーキには重すぎ。
一年漬け込んだ、ラムレーズン入りです。毎年年の終わりに、たっぷりとラムレーズンを漬け込みます。高級ラム酒でじっくりと。そして冬になるとパウンドケーキを焼きます。
毎年、お世話になった方々にパウンドケーキを差し上げてきましたが、
今年はそれを石鹸に変えるつもりです。
お酒の弱い人には私のこのケーキちょっと酔っ払うかもって位ラム酒をドドドと入れます。
今年は、ココアでマーブルに仕上げました。色が濃いのは
三温糖(2種類)を使っています。ダンディーケーキです。
2.3日するとしっくりと美味しくなります。

ケーキが焼きあがるとなんだか幸せです。

3citoras.jpg

シトラス石鹸
柑橘類の石鹸を作りました。
オレンジ、レモン、ゆずで組み合わせてみました。
オレンジとレモンは皮をむき、少し混ぜ込み、残った皮を煮込んで色を出してみました。作っている間はとてもよい香りでしたが、出来上がると香りは抜けています。トレースが出た所でゆずの絞り汁も加えました。

すっきりとした綺麗なオレンジ色に心が浮き立ちます。
硬い石鹸が好きなので、少しだけステアリン酸を入れました。
使い心地が楽しみです。

続きを読む

tag : トリプルシトラス

     
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。